横浜創英中学校卒業証書授与式とオンライン配信

去る、3月21日土曜日、横浜創英中学校の卒業証書授与式が挙行されました。


新型感染症拡大防止のため、臨時休校が続く中、少しでもなんとか卒業式を行いたいという
下山田校長をはじめとする教職員の決断で、卒業生・中学校担当の出席のみ、短時間で実施しました。

中3の担当教諭に与えられた時間は生徒集合から解散まで90分。
3週間ぶりに会う生徒に、卒業に当たって伝えなければならない事、やり残していた数人の生徒の発表、卒業式の段取り、卒業式、そして最後の彼らの時間。

卒業式の様子についてはこちらをご覧ください。校長ブログ 中学主任挨拶

そんな中、苦渋の選択をしなければならなかったことが、保護者の方の参列をご遠慮いただくことでした。
その決断の後、飛び込んできた情報が「オンライン配信」。
経済産業省「学びを止めない未来の教室」の事業で、zoomビデオコミュニケーションズさんのご支援を受けることができ、

zoomのウェビナーという機能を使って実施しました。


オンライン配信の挑戦

保護者の方へは急遽、卒業式2日前に簡単な機能の説明と登録のお願いをメールで配信。

ステージ上から卒業生の全体の様子、演台脇から式辞や卒業生の言葉の様子を見られるようにiPadを2台固定で設置。
演台には、集音マイクを設置しています。

ほとんどの保護者の皆様が登録していただき、何とか会場の様子を配信させていただくことができました。
多くのご家庭が、複数台の登録をされ、パソコン・スマートホンの両方で登録されていらっしゃいました。

 

保護者の皆様の声

職員は不慣れで、皆様にご満足いただけたわけではないと思いますが、保護者の方からアンケートを通してお声をいただきました。

「ライブ配信という失敗が許されない手段を選択した大英断(安全を考えれば録画配信という手段も選べたと思っています)、

初の試みなのに2画面配信、それを一丸となってやりきってくださった先生職員方のチームワーク、どれも素晴らしかったです。」
「会場の雰囲気を知ることができて良かったです。準備もさほど大変ではありませんでした。」

「この度、娘の卒業式に列席できず非常に残念でしたが、学校のご配慮で臨場感あるlive配信をしていただけて、大変嬉しかったです。私どもも列席しているような気持ちになれて本当に嬉しかっ

たです。」

「少しでも卒業式の雰囲気を味わることができ良かったです。校長先生や生徒代表の卒業式の言葉がとても良い印象を受けました。LIVEで聞けたらもっと感動したのかもしれません。コロナウィルス感染拡大防止であるので保護者が参列できなくても卒業式ができた事はありがたいと思います。
普通ならあたりまえに行われる卒業式ですが改めて式の重要性がわかった気がします。ひとつの区切りができて心新たに娘も進学するのだろうと思います。気持ちの切り替えができた感じで良かったです。」

 

将来に向けて改善の余地

・グラフは“zoom活用改善策”。
zoom自体の利用方法は比較的簡単で、お使いになる方がお困りになることは少ないようですが、初めてお使いになる方にとっては、

本番よりも前に試験配信で接続チェックができるとよりご安心いただけると思われます。

・保護者の皆様の声

「zoomを初めて使いましたがこちら側のマイクやカメラが有効になっているので、学校側から見えているのかどうかが気になりました。」
「2画面だと小さく、前に出て発表した生徒しかわからず、残念。」

「ビデオで撮影したそのままが配信されれば、生徒一人一人が映し出されて、なおよかったのでは?と思います。」

改善を要することもたくさんございます。私共のように、不慣れな初心者が集めました改善策などを、これからお使いになる方々に少しでもお役に立てれば光栄です。