横浜創英中学・高等学校 工藤勇一校長 就任

2020年4月1日、横浜創英中学・高等学校の新しい校長および堀井学園の理事に、工藤 勇一 氏をお迎えいたしましたことを、報告いたします。

横浜創英中学・高等学校は、工藤校長とともに新しいスタートを切りました。今後とも、ご支援ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

 

工藤勇一氏プロフィール
山形県数学の中学教諭を5年務めた後、東京都台東区の中学校に赴任。その後、東京都や目黒区の教育委員会、新宿区教育委員会教育指導課長などを経て、3月31日までの6年間、千代田区立麹町中学校の校長を務める。現在、内閣官房教育再生実行会議委員や経済産業省「EdTech」委員などの公職も務める。

著書に、10万部のベストセラーになった『学校の当たり前をやめた』他、『麹町中学校の型破り校長 非常識な教え』『子どもが生きる力をつけるために親ができること』などがある。

 

教職員に向けて

4月1日に就任してすぐに、工藤校長は、全教職員に自身の教育観を紹介。

そして、その最後に「私が目指しているのは、教員はもちろんのこと、生徒も保護者も全員で対話することによって、教育には何が一番大事かということが話し合える組織に成長させていくことです。横浜創英が、私が来た事によってそういう学校になっていけたらと思っています。」と締めくくりました。

 

新型コロナウィルス感染症対策

その後すぐに、刻々と変わる感染拡大状況などを踏まえ、全教職員で対策を講じました。
その冒頭で発信された、工藤校長の方針を一部ご紹介します。

「最上位に据えることは命を守ること、子供達の命を守ること、家族の命を守ること、我々の命を守ること。これ以上の最上位はない。そのために何ができるかということを、本気になって発信しなければならない。発信する人はメディアだけでなく、我々だということです。」

「横浜創英に来て、私の最初の仕事がこれになります。皆さんと一緒に、最悪の事態が来るかもしれないということを予測して仕事をする。空振りになったらオッケーです。今起こっていることは「あぁ、そうすれば良かった」では済まされない。多くの人々が亡くなる可能性があり、それは我々自身も、である。もうすでに、私も含めて感染しているかもしれないという意識を持つことが大切です。当事者意識を持って、情報の整理をして、今後の課題と対策を皆さんと練らなければならない。力を貸して欲しいです。我々の使命は、まず子供の命を守るために子供達をどうするか、そのことをまず考えることが大事です。医師や警察官、消防士の方々まではいかないまでも、我々も福祉的な人間です。子供の命を救うために何ができるのかを考えなければいけない。」

「子供達に接するときに、当事者の意識で言葉を使いましょう。正確な情報を元に、できるだけ前向きになる言葉を使いましょう、子供達がきちんと、自分の命を守れる行動を取れるように、訴えかける一員になりましょう。」

 

お詫びとお願い

ただいま本校では、新しい体制で新型コロナウィルス感染症対応を、教職員のできる限りの安全確保を努力しつつ行なっております。新校長から皆さまへのご挨拶や、保護者の皆さまへのお知らせなど滞っていることをお詫びいたします。今しばらくお待ちいただくことを、どうかご理解いただきますようお願い申し上げます。