まちと ひとと 学校 の情報一覧

横浜創英高校 進路講話会

平成25年10月5日(土) 3・4時間目に横浜創英高校1・2年生に向けた進路講話会を行いました。

講話会には、一般社団法人LIGHT UP NIPPON代表理事の高田佳岳様をお迎えし、「目標に向かって努力し、失敗を恐れずチャレンジすることの大切さ」をテーマに御講演いただくことができました。

 

IMG_629669492503

 以前にもご紹介したとおり、高田様は東日本大震災直後の混乱の最中、たった5ヶ月の準備期間で『被災地10ヶ所での花火同時打ち上げ』を実現させた方です。

「自分が信念をもって、正しいと信じたことを成し遂げるため失敗しても、やり方、形を変えて、やってみる」「ドンドン自分を変えて新しい自分を作っていく。それが進化」 など、花火を打ち上げた意志と、やり遂げた行動について講演をしていただきました。

 

IMG_603834180436

冒頭に映画「LIGHT UP NIPPON (30分バージョン)」を観てからご本人のお話を聞いたからでしょうか、質問タイムでは生徒からたくさんの質問がでました。

高田様と生徒が「変化」や「人と異なること」についての対話をしたり、「大学に行くこと」をどう考えるか、「社会に出るため」にどんな時間が必要なのかを聞くことができました。

  

質疑応答を10分しか設けることができなかった為、中には講演後に高田様のところに駆け寄って、聞けなかった質問をぶつけにいく生徒もいたほど、今回の講演は自分の夢の実現に向けてみんなで考える機会となったのではないかと思います。

生徒たちが夢の実現に向けて考えて行動してくれることを期待しています。

堀井学園 建学の精神より 学生に向けてのメッセージ

LIGHT UP NIPPONの皆様より、学生達へのメッセージ動画をいただきました。

日本を照らした奇跡の花火:上映会&トークライブ

 6月29日(土)、横浜創英大学に一般社団法人LIGHT UP NIPPON代表理事の高田佳岳様をお迎えし、大学1年生の講義の一環として「社会貢献教育プログラム 日本を照らした奇跡の花火:上映会&トークライブ」を開催しました。

 

高田様は「花火で一人でも多くの子供を笑顔にしたい」という一心で、東日本大震災直後の混乱の最中、たった5ヶ月の準備期間で『被災地10ヶ所での花火同時打ち上げ』を実現させた方です。「LIGHT UP NIPPON」はそのプロジェクト名で、 “東北を、日本を、花火で元気に”をスローガンに、毎年8月11日に東北各地の会場で花火を上げる活動を続けておられます。【LIGHT UP NIPPONの公式サイトはこちら→http://lightupnippon.jp/

 

花火を見上げる女の子

 誰も5ヶ月先のことなど考えることができない状況の中、たった一人の“想い”が、どのように東北各地の地元住民に伝わり、行政を動かし、約7,300万円もの資金を集め、プロジェクトを成功に導き、多くの子供たちの笑顔に繋がったのか。

 

 

 

その様々な批判や困難を乗り越える軌跡を、第一部で上映されたドキュメンタリー映画『LIGHT UP NIPPON-日本を照らした奇跡の花火-』で目の当たりにし、第二部では「人を、まちを、元気にするための意思と行動」と題したトークライブでご本人の熱い“想い”を直接伺うことで、学生達には“考えて行動のできる人”を感じる貴重な経験となりました。

 

社会貢献教育プログラム トークライブ

【写真①】トークライブの様子。向かって左から、

株式会社ドリームカムトゥルー企画 代表取締役社長 加藤英二様(トークライブのモデレーターをお願いしました。)

一般社団法人LIGHT UP NIPPON 代表理事 高田佳岳様

横浜創英大学こども教育学部 橋本雄幸教授

 

 

社会貢献教育プログラム 写真撮影

【写真②】大学から贈られた横断幕と伴に記念撮影。

今回は学内関係者だけでなく、青年会議所の皆様にもご協力いただきました。

また、学生だけでなく地域の方々をお招きしています。

 

 

 

社会貢献教育プログラム 寄せ書き

【写真③】募金箱と寄せ書きした花火の玉。

今回は“出欠確認”の代わりとして、寄せ書きを行いました。

学生達の“想い”も東北の空に上がります。

 

 

 

 

 今年も8月11日、「追悼」と「復興」の意味を込め、東北の夜空に一斉に花火が上がります。

LIGHT UP NIPPONでは、個人からの募金はチラシなどの経費に回さず、すべて打ち上げる花火の費用に使用しているそうです。

あなたの“想い”も東北の空にあがります。是非、このプロジェクトにご参加ください。

LIGHT UP NIPPON

2年2ヶ月目の東北被災地

横浜翠陵中学校・高等学校 岩村校長が、同行した横浜市内の若手経営者たちが行う東北支援活動についてブログを更新されました。東日本大震災から2年2ヶ月目になる5月11日(土)と12日(日)の2日間で行われた行程について、写真付きでメッセージを掲載されています。

仮設支援2

 

 

 

 

 

 

 

岩村先生のブログはこちら → http://principal.suiryo.ed.jp/2013/05/22-cb78.html